アルバイトから道を切り開く

いきなり塾講師として働くのはちょっと、と思う人は、アルバイト講師からはじめてみるのはどうでしょうか。 教育者としての憧れを現実にする一つの方法です。 大手塾では年間通してアルバイト塾講師を募集しています。 その中で、特に得意としている科目があるようならば、積極的に応募してみるのもよいでしょう。

また、個人塾の場合、行う事柄が多い反面、残業代や手当てなどが手厚い場合もあります。 指導者として働く大変さを肌で感じつつ、自分自身の成長に繋げたいというかたは、個人で運営している塾に応募してみるのもよいでしょう。 アルバイト講師の場合、正社員とは異なり、教える科目や時間などは少ないのが特徴です。 そのため、自身が得意とする科目に対し、より真正面から取り組む時間も増えるといえます。 自分だけが理解できる解説が出来ていても、生徒に伝われなければ意味がありません。

まずは塾で教える立場、という雰囲気を肌で感じつつ、先輩塾講師などからどんな紐解き方をすればいいのかを目で学んでみるとよいでしょう。 このように塾講師になるための道のりというのは、目指す方向性・マスターする科目など人によって異なります。 自分が指導者として突き進みたい道はどんなものなのか、学生のうちからしっかりと見定めてみるとよいでしょう。